La’cryma×ひよこソフトの和風伝奇ファッションミステリー『消えた世界と月と少女』が本日発売

消えた世界と月と少女
消えた世界と月と少女

 La’cryma×ひよこソフトは3月23日、PCゲーム『消えた世界と月と少女 -The world was prayed by girl living a thousand years-』を発売しました。価格はパッケージ版8,800円(税抜)、ダウンロード版7,800円(税抜)。対応機種はWindows 7/8.1/10日本語版。

 『消えた世界と月と少女 -The world was prayed by girl living a thousand years-』は、La’cryma × ひよこソフトが送る和風伝奇ファッションミステリー。

消えた世界と月と少女 消えた世界と月と少女

 大和国広瀬郡 散吉郷――――――
 数年ぶりに故郷の村へと戻って来た沖名 誠司(おきな せいじ)は伝承をなぞらえたかのような連続怪死殺人事件に巻き込まれる。過去に起きた猟奇的な殺人事件、謎に包まれた母の死、そして決して逃げ出すことの叶わない、山に囲まれた村。
 “五つの難題”とも呼べる、数多の謎を解き明かした先に待つ真実は希望か絶望か、それとも――――――

消えた世界と月と少女 消えた世界と月と少女 消えた世界と月と少女

ストーリー
きっかけは、母の不審な死だった。

大和国広瀬郡 散吉郷―――
竹取物語と多少の縁がある名を持つ沖名 誠司(おきな せいじ)は
数年ぶりに故郷の村へと戻ってくる。

父との不仲から幼馴染の家に居候することになった誠司は、彼女の持つ 広い交友関係のお陰で、心地よい【仲間】と呼べる友と出会うこととなる。

しかし、そんな彼らと過ごす穏やかな日々は、永くは続かなかった。
母の死の真相を調べたことをきっかけに、誠司たちは惨劇に巻き込まれていく。

次々に起きる、伝承になぞらえたかのような、連続怪死殺人事件。
信じるべき仲間達が、一人、また一人と消えていく。

月に照らされた惨劇は、やがて信じたくない犯人の姿を映し出す。

製品仕様
【タイトル】消えた世界と月と少女 -The world was prayed by girl living a thousand years-
【ブランド】La’cryma×ひよこソフト
【発売日】2018年3月23日
【価格】8,800円(税抜)
【ジャンル】和風伝奇ファッションミステリー
【対応OS】Windows 7/8.1/10日本語版
【種別】18禁

【原画】月音
【シナリオ】神夜優

消えた世界と月と少女 – DMM.R18

ひよこソフト -消えた世界と月と少女 –