『はるとゆき、』体験版、ふくなが よるが歌う主題歌に乗せたオープニングムービーが公開

『はるとゆき、』体験版

 あかべぇそふとすりぃは6月22日、2018年7月27日に発売を予定しているPCゲーム『はるとゆき、』の体験版とオープニングムービーを公開しました。

 体験版にはゲームの序盤部分が収録されており、敷地内ではどんな格好をしてもOK”というコスプレOKの温泉旅館を舞台に繰り広げられる物語を少しだけ楽しむことができます。また、Hシーンも収録されており、イチャラブHも楽しむことができます。

『はるとゆき、』体験版

 体験版はげっちゅ屋、すえぞうのギャルゲー補完計画、こころんにあるみらー、みら~@めいどさ~う゛ぁんと、www.LatherCraft.netからダウンロードできます。

 オープニングムービーは、ふくなが よるさんが歌う主題歌「ひとひらの、だいすきを、」(作詞:西坂恭平さん(12th colors)、作編曲:西坂恭平さん(12th colors)、Guitar Solo:古川翔太さん)に乗せたものとなっています。

ストーリー
「この温泉旅館の仲居さんは、どうしてナース服とかチャイナドレスを着てるんですか?」

「当館がそのようなシステムだからでございます」

山の奥深く――とは呼べないまでも、街からはそれなりに外れた場所。
そこで、小さな旅館『ゆき』は営業しています。

この旅館には、ちょっと変わったシステムがあります。
“お客様・従業員ともに、敷地内ではどんな格好をしてもOK”というものです。
ひらたく言えば、コスプレOKというシステムです。
衣装は持参でも問題ないですが、貸出もしています。
お客様が何を着てもいいですし、従業員にリクエストもできます。
ただしお触りはNG。浴室以外で全裸になったら怒られます。当たり前です。

そんな一風変わった温泉旅館に、どうぞいらしてみませんか?

あ、コスプレ以外にも変わったところはありますが気にしないでください。
もう死んでいる人が泊まりに来るとか、その死んだ人は旅館の中では実体化して触れるようになるとか、生きてる人と見分けがつかなくなるとか、そんな本当に些細な点です。
今の季節に合わない服装や、軍服や制服や着物なんかで亡くなった方が、いらっしゃったときに悪目立ちをしてしまわないように、“どんな格好でもOK”って言ってるんですから、本当にお気になさらずでお願いします。

どんなお客様でも、当館は歓迎いたします!

あかべぇそふとすりぃOfficial WebSite