HOOKSOFT新作『Eスクールライフ』が公開。学園モノのHOOKSOFTと純粋な学内恋愛の融合!

『Eスクールライフ』公式サイト

 HOOKSOFTは12月21日、同ブランド最新作となるPCゲーム『Eスクールライフ』を発表し、同作の公式サイトを公開しました。2019年春発売予定。価格は9,990円(本体9,250円+税)。対応機種はWindows 7/8.1/10日本語版。

 『Eスクールライフ』は、「学内恋愛×学生の日常」をテーマにしたという、どストレートな学園恋愛アドベンチャーゲーム。クラスメイトや他のクラスの生徒と会話したりしながら楽しく過ごす学園モノを長年大事にしてきたHOOKSOFTだからこそ出来る、正に学園強化版とも言える作品になっているとのことです。

『Eスクールライフ』公式サイト

 今作では「学園に通っている感覚」を得られるように、「登校時間を選んで学園に通う!」「放課後は好きなヒロインに会いに行く」「一年を通じた学園生活」の3つの時間の要素を組み入れているとのことです。

 さらに、ヒロイン・準ヒロインともにアプローチしだいで恋愛が可能で、登場するたくさんのヒロインとともに学内生活を楽しめるとのことです。

『Eスクールライフ』公式サイト

ストーリー
親の転勤で6年間海外生活を余儀なくされた主人公(篠崎遼太郎:しのざきりょうたろう)は、日本に住んでいた頃に幼馴染(花園亨:はなぞのとおる)に海外生活が嫌だと相談していた。

「クラスの男たちに囲まれて、女子と会話すらできない…… こんな状態で青春を終わらせたくねぇぇ!!」

言語の壁もあるし、日本が恋しくなっていたと話す遼太郎に亨も同情にどうにか日本に帰ってこれないかと自分の親に相談した結果……遼太郎の両親を説得するにも協力してくれて、亨とルームシェアをするという形で日本に戻れるようになった。 再び日本に戻ることも嬉しいが、何より女子と話せるチャンスがある! 新しい学園で恋をるすんだ!

「お前、日本に戻ってきたら何したい?」

「もちろん恋愛! 女友達も欲しい!」

製品仕様
【タイトル】Eスクールライフ
【ブランド】HOOKSOFT
【発売日】2019年春発売予定
【価格】9,250円(税別)
【ジャンル】どストレートな学園恋愛ADV
【対応OS】Windows 7/8.1/10日本語版
【種別】18禁

【原画】RINKS
【シナリオ】松倉慎二、神宮寺、平野譲治
【ディレクション】松倉慎二、宅本うと
【エグゼクティブディレクター】亜佐美晶
【音楽】SONO MAKERS
【SD原画】のいと
【編集】黒木ノア、VⅡ
【広報】伊藤直子

HOOKSOFT公式サイト