シルプラ最新作『缶詰少女ノ終末世界』が公開。“プレッパーズ”となった少年少女達の物語!

『缶詰少女ノ終末世界』公式サイト

 シルキーズプラスは1月21日、同ブランド最新作となるPCゲーム『缶詰少女ノ終末世界』を発表し、同作の公式サイトを公開しました。2019年春発売予定。2019年1月25日から予約受付が開始されます。価格は8,800円(税別)。

 『缶詰少女ノ終末世界』は、渡辺僚一さんが企画/シナリオ、イチリさんがキャラクターデザイン/原画を手がけるアドベンチャーゲーム。終末の準備をする人々――「プレッパーズ」となった少年少女達が、終末に立ち向かう物語になるとのことです。

『缶詰少女ノ終末世界』公式サイト

 本日公開された公式サイトでは、『缶詰少女ノ終末世界』のストーリーや登場キャラクター、イベントCG、特典情報などが公開されています。

ストーリー
初夏の豪雨の日。
コンビニに逃げ込んだ小梅雅孝はイートインで、雨が止むのを待っていた。
ふと気づくと、隣の席に女の子がいた。
彼女が持っていたのは、ジュースでも、ホットスナックでもなくて、鯖の味噌煮の缶詰だった。
しかも、その缶詰を開けて食べだしたのだ。
女の子が!コンビニの!イートインで!
鯖の味噌煮の缶詰を!
食べるッ!
しかも、女の子は鯖の味噌煮の缶詰を食べると、まだ激しく雨が降り続ける外へと平然と出て行ったのだ。
エキセントリックな行動に心を奪われた小梅は、彼女と再会した時に質問する。

「どうして、鯖の味噌煮の缶詰を食べたの?」

彼女は答える

「しゅっ、終末の準備の為なんです」

彼女は続ける!

「いつ来るかわからないから、終末に備えておく必要があると思うんです」

彼女はさらに続ける!

「あっ、あの終末ってまだ来てないけど、終末のことを書いた作品はあたくさんあって。
そういうのを読んだり見たりして、発見したんです」

彼女は何を発見したのか?

「『少女終末旅行』にも『北斗の拳』にもありましたし『マッドマックス2』でも。
『ザ・ウォーカー』にもありました。
それと『ザ・ロード』と『終末のフール』と『終わりの街の終わり』と
『超プロレスファン列伝』でも!『最終兵器彼女』……あれ?あれはインスタントラーメン?」

落ち着け!

「『ひとめあなたに……』はどうだったかな?
あっ『ポストマン』と『塩の街』はですね。絶対にあると思っていたのになかったんです。
ない系ですね、はい」

いや、だから何があったりなかったりするんだ!?

「缶詰を食べるシーンです。
終末になると、缶詰を食べるみたいなんです。だっ、だから、その……。
終末の準備のために、缶詰を食べる練習をしておこうと思ったんです」

終末の準備のために缶詰を食べる?

はっ、はい!終末の準備をしている人は世界中にたくさんいるんです。
そういう人々のことをプレッパーズというんです

――プレッパーズ。終末を見つめる人々。
これはプレッパーズとなった少年少女達が、終末に立ち向かう物語である

製品仕様
【タイトル】缶詰少女ノ終末世界
【ブランド】シルキーズプラス
【発売日】2019年春
【価格】8,800円(税別)
【ジャンル】ADV
【対応機種】Windows
【種別】18禁

【企画・シナリオ】渡辺僚一
【キャラクターデザイン・原画】イチリ

シルキーズプラス