『缶詰少女ノ終末世界』体験版が公開。終末に備える人々――“プレッパーズ”となった少年少女達の物語!

『缶詰少女ノ終末世界』体験版

 シルキーズプラスは3月16日、2019年4月26日に発売を予定しているPCゲーム『缶詰少女ノ終末世界』の体験版を公開しました。体験版は公式サイトのダウンロードページからダウンロードできます。

 体験版には、終末に備えて“鯖の味噌煮の缶詰”を食べるという少女と出会い、そこからプレッパーズ部を作ることになり、仲間たちとプレッパーズ部の活動をしていくという物語の序盤ストーリーが収録されています。

『缶詰少女ノ終末世界』体験版

 キャラクターデザイン原画のイチリさんが描く可愛くて魅力的なキャラクターたち、企画シナリオの渡辺僚一さんが描く世界観ストーリーに注目です。

『缶詰少女ノ終末世界』体験版

ストーリー
初夏の豪雨の日。
コンビニに逃げ込んだ小梅雅孝はイートインで、雨が止むのを待っていた。
ふと気づくと、隣の席に女の子がいた。
彼女が持っていたのは、ジュースでも、ホットスナックでもなくて、鯖の味噌煮の缶詰だった。
しかも、その缶詰を開けて食べだしたのだ。
女の子が!コンビニの!イートインで!
鯖の味噌煮の缶詰を!
食べるッ!
しかも、女の子は鯖の味噌煮の缶詰を食べると、まだ激しく雨が降り続ける外へと平然と出て行ったのだ。
エキセントリックな行動に心を奪われた小梅は、彼女と再会した時に質問する。

「どうして、鯖の味噌煮の缶詰を食べたの?」

彼女は答える

「しゅっ、終末の準備の為なんです」

彼女は続ける!

「いつ来るかわからないから、終末に備えておく必要があると思うんです」

彼女はさらに続ける!

「あっ、あの終末ってまだ来てないけど、終末のことを書いた作品はあたくさんあって。
そういうのを読んだり見たりして、発見したんです」

彼女は何を発見したのか?

「『少女終末旅行』にも『北斗の拳』にもありましたし『マッドマックス2』でも。
『ザ・ウォーカー』にもありました。
それと『ザ・ロード』と『終末のフール』と『終わりの街の終わり』と
『超プロレスファン列伝』でも!『最終兵器彼女』……あれ?あれはインスタントラーメン?」

落ち着け!

「『ひとめあなたに……』はどうだったかな?
あっ『ポストマン』と『塩の街』はですね。絶対にあると思っていたのになかったんです。
ない系ですね、はい」

いや、だから何があったりなかったりするんだ!?

「缶詰を食べるシーンです。
終末になると、缶詰を食べるみたいなんです。だっ、だから、その……。
終末の準備のために、缶詰を食べる練習をしておこうと思ったんです」

終末の準備のために缶詰を食べる?

はっ、はい!終末の準備をしている人は世界中にたくさんいるんです。
そういう人々のことをプレッパーズというんです

――プレッパーズ。終末を見つめる人々。
これはプレッパーズとなった少年少女達が、終末に立ち向かう物語である

シルキーズプラス