『pieces/渡り鳥のソムニウム』がマスターアップ。“自分たちが今作れる一番のシナリオ”を目指したというWhirlpool最新作!

『pieces/渡り鳥のソムニウム』公式サイト

 Whirlpoolは3月1日、同ブランド最新作となるPCゲーム『pieces/渡り鳥のソムニウム』がマスターアップしたと発表しました。2019年3月29日に発売されます。価格は9,800円(税別)。対応機種はWindows 7/8/10。

 公式サイトではマスターアップ記念イラストが公開されています。

 『pieces/渡り鳥のソムニウム』は、“天使が安らかに眠れるように毎朝子守唄を捧げている。”、“子守唄で人々は目覚め一日が始まる。”そんな不思議な伝承のある町を舞台に、眠ると他人の悪夢が流れ込んでくる少女と、他人の夢を覗き見ることができる不思議な能力を持つ主人公の出会いによって始まる物語を描いたという作品。今作は「自分たちが今作れる一番のシナリオ」をコンセプトにしているとのことで、これまでのWhirlpool作品とは少し雰囲気の違うものとなっています。

 また、本日からリツイートキャンペーン第4弾も実施されており、指定のツイートをリツイートした方に、抽選で原画・水鏡まみずさんの直筆サイン入りスタジャンをプレゼントするとのことです。指定のツイートは以下のツイート。

ストーリー
『ここは天使が眠る町』

天使が安らかに眠れるように毎朝子守唄を捧げている。
子守唄で人々は目覚め一日が始まる。
そんな不思議な伝承のある町ミッテベル。

天使だけではなく人間だって不思議な夢を見ることがある。
イメージした人間の見る夢を渡り歩き、登場人物の一人になる……。
高坂燕は、そんな力をいつからか持ち、他人の夢を渡り歩くべく一日の大半を睡眠に費やしていた。
そんな彼がある日、古ぼけた洋館の窓辺に一人の少女の姿を見かける。
儚げな少女は美しく、燕は一目で心を奪われる。
彼女のことを知りたい。
その一心で燕はつい彼女に対し能力を行使してしまうが、それは失敗に終わる。

少女……君原結愛は燕に告げる。
結愛も燕と同じく他人の夢を見ることが出来る不思議な力の持ち主だった。
ただし、彼女は見る夢を選ぶことはできない。
それどころか、彼女が毎夜見せられるのは誰かの悪夢。
悪夢に蝕まれた結愛は、いつしか眠りを拒むようになっていた。

眠らない少女と、眠り続けたい少年。
二人の夢が重なるとき、伝承は再び動き始めるのだった。

この果ては、君と落ちる微睡みの国。

製品仕様
【タイトル】pieces/渡り鳥のソムニウム
【ブランド】Whirlpool
【発売日】2019年3月29日
【価格】9,800円(税抜)
【ジャンル】ADV
【対応OS】Windows 7/8//10
【種別】18禁

【原画】水鏡まみず
【SD原画】超肉
【企画】大三元
【シナリオ】近江谷宥、和泉万夜
キャスト
・君原結愛:夏和小
・小鳥遊柚:鈴谷まや
・藍野深織:そよかぜみらい
・美城ありす:鹿野まなか
・伊集院貴美香:水野七海
・吉川晃司:芦久比剥巳
・カステラ:北都南

Whirlpool公式サイト