『雪の夜、俺は妹を裸にする。』が発売。雪の夜にまだ無垢で未成熟な妹達と…背徳感溢れるはむはむソフト最新作!

雪の夜、俺は妹を裸にする。
雪の夜、俺は妹を裸にする。

 はむはむソフトは7月26日、同ブランド最新作となるPCゲーム『雪の夜、俺は妹を裸にする。』を発売しました。価格はパッケージ版が6,300円(税別)、ダウンロード版が5,800円(税別)となっています。対応機種はWindows 7/8/10日本語版。

雪の夜、俺は妹を裸にする。
雪の夜、俺は妹を裸にする。

 『雪の夜、俺は妹を裸にする。』は、雪の夜にひとつ屋根の下で未成熟な妹達とセックスをするという背徳感溢れるアドベンチャーゲーム。今作では、「セックスがあってこそのシナリオ」を大事にし、ヒロインたち発達中世代特有の「初々しさ」や生まれ始める「恥じらい」の心を丁寧に描写。無垢な少女らが初めての行為を教えられ、戸惑いながら触れていく様は背徳感満載となっています。

雪の夜、俺は妹を裸にする。 雪の夜、俺は妹を裸にする。
雪の夜、俺は妹を裸にする。

キャラクター
斐川有希(CV.よぴこ)
主人公の妹。
地方の村に住む、小柄で心優しい少女。
くせっ毛で、ボサボサ頭。

極度の人見知りで、
身内以外の人間と上手に話せず、
学校のクラスでも浮いている存在。
いじめを受けた過去から
他人と極力関わり合いを持たないようにしており、
相手から見られないように……
また、相手を見ないで済むように、
髪を長く伸ばしている。
そのせいで、表情と感情が読み取りにくい。

癖はすぐ謝ってしまうことと、
「へへへ…」という愛想笑い。
他人との会話を早く終わらせるために覚えた行為が、
いつのまにか癖として定着してしまった。

兄である主人公が居た頃は
いつも彼に守られていたため、とても慕っている。
なにか兄の役に立ちたいと、いつも思っている。

冬休みを利用して、
突然、たった一人で兄の住む街にやってくる。

情けない自分を変えるために、彼女なりに頑張っていく。

雪の夜、俺は妹を裸にする。 雪の夜、俺は妹を裸にする。
雪の夜、俺は妹を裸にする。
久我紗英(CV.美空なつひ)
主人公の従妹。元気で明るい性格。
クラスの人気者でムードメーカーなお調子者。
斐川兄妹とは幼い頃からの知己。有希の2つ上。
少々おつむが緩くて抜けたところがある。

主人公が街へ出てくる際に
紗英の両親に世話になったのをきっかけとして、
よく主人公の家に出入りするようになった。
現在の妹的存在。

学校の成績がかなり……いや、非常に良くなく、
主人公に家庭教師としてついてもらっている。
しかし集中力が無いため、
思うようにテストの点数は伸びていない。

いつもメモ帳を持ち歩いていて、事あるごとにメモしている。
本人が間違って受け取ることも多く、
あまり役立つことは書かれてないかも。

クラスの子に吹き込まれ、主人公に恋心をいだいているが、
恋に恋するお年頃であり、深く考えているかは定かではない。

学校で新体操部に所属しており、運動神経は抜群。
プロポーションも同年代の中では良く、男子の人気も割と高いが、
本人は全く気づいていない。

そんな「ないないづくし」の彼女だが、
主人公との関係を変えたいと、本人なりにドタバタ頑張る。

雪の夜、俺は妹を裸にする。 雪の夜、俺は妹を裸にする。
雪の夜、俺は妹を裸にする。

ムービー

ストーリー
「お兄ちゃん。私をこのお家に、置いてください…」

故郷の村を出て、
街で一人暮らしをしている主人公・慎吾。
かつて見放したはずの妹・有希が、
実家から遥々やってきた。

突然はじまった、
思春期前の妹との共同生活。

「他の女の子がいる」
状況に焦りを感じる、従妹・紗英。

妹の目的とは…? 従妹が取った行動は…?

ある雪の夜。
気づくと俺は、妹の身体に触れていた─。
製品仕様

【タイトル】雪の夜、俺は妹を裸にする。
【ブランド】はむはむソフト
【発売日】2019年7月26日
【価格】パッケージ版:6,300円(税抜)
    ダウンロード版:オープン価格
【ジャンル】寒い夜は妹と身体を絡め合う濃密セックスADV
【対応OS】Windows10/8/7日本語版
【種別】18禁

【企画】下地和彦
【キャラデザ・原画】紫刀/夏凛とーご
【シナリオ】下地和彦 / Hatsu
【BGM】下地和彦
【CG監修】みらくる☆みきぽん/紫刀(彩色アドバイザー)

雪の夜、俺は妹を裸にする。 – DMM GAMES

はむはむソフト