3rdEye『レイルロアの略奪者』がマスターアップ。全人類が異能力者となった未来を舞台にしたファンタジー異能力バトル冒険ADV!

『レイルロアの略奪者』公式サイト

 3rdEyeは9月26日、同ブランド最新作となるPCゲーム『レイルロアの略奪者』がマスターアップしたと発表しました。また、近日中には2ndオープニングムービーの公開も予定しているとのことです。

 『レイルロアの略奪者』は、今から100年、あるいはもっと先の未来――すべての人類が異能力を備え、日常に存在することが一般的になり、文明が大きく後退してしまった世界を舞台にしたというファンタジー異能力バトル冒険アドベンチャー。

 公式サイトでは、二つの顔を持つ若き熟練戦士「レノ」(CV.瑠璃之晃)とポジティブなルーキー「ティルト」(CV.上原あおい)の物語を楽しめる体験版第1弾と、不真面目で三枚目の略奪者「グレイドリック」(CV.胸肩腎)と酒場の看板娘「フィ」(CV.鈴谷まや)の物語を楽しめる体験版第2弾の、2つの体験版が公開されています。

『レイルロアの略奪者』体験版第二弾が公開。今回はグレイ(CV.胸肩腎)&フィ(CV.鈴谷まや)の物語を体験できる!
3rdEyeは7月3日、2019年7月26日に発売を予定しているPCゲーム『レイルロアの略奪者』の体験版02を公開しました。

 発売日は2019年10月25日で、価格は8,800円(税別)となっています。対応機種はWindows 7/8/8.1/10日本語版。

概要
今から100年、あるいはもっと先の未来――
全ての人類が異能力を備え、日常に存在することが一般的になった世界
日々の生活にしっかりと根付いた特殊な力、
むしろ持たない者が異端となり価値観が逆転した新しい世界
時代の変革を遂げたこの時代、見渡す景色は様変わりし、文明は大きく後退していた
人類全体の人口は大きく減少し、荒野や緑が多くを占め、過去の建造物が風化した土地に埋もれている

都市レイルロア――
中世的なレンガ造り、街を囲む大きな緑と河川に恵まれた豊穣な土地に開拓された街
国という概念が崩壊し、独立した自治都市のうような形で存在している都市レイルロア
自治組織として設立された『保安統制騎士団』は、
犯罪抑止など武力を必要とする任務を主とする自治組織である

未知なる現象――
ある時、一般的に確認されている能力とは異なる、未知なる現象を引き起こす人間が確認された
その現象を人々は恐れ、未知なる現象を“異端錬成<モメント>”、
そしてそれらを扱う人間を“神憑<エラー>”と命名
“神憑<エラー>”は突如現れる“病気”と認知され、『保安統制騎士団』の管理下に置かれる事になった

新たなか変革を迎えた時代に揺れる人々は、
自らの力で時代を切り開いていく――

製品仕様
【タイトル】レイルロアの略奪者
【ブランド】3rdEye
【発売日】2019年10月25日
【価格】8,800円(税別)
【ジャンル】ADV
【対応機種】Windows 7/8/8.1/10
【種別】18禁

【キャラクターデザイン・原画】蒔田真記
【シナリオ】不死鳥、四万十川清流
【音楽】まもも
【CG統括】あまがた
【制作総指揮】KEN-ZO

3rd Eye Offical Wesite