BOOST5デビュー作『シンクライアント』から初鹿野雫オリジナルPCが発売決定 本日から受注受付開始

■ヒロイン初鹿野雫のオリジナルPCが登場

 美少女ゲームブランドBOOST5は1日、同ブランドが9月28日に発売した『シンクライアント』から初鹿野雫のオリジナルPCが発売されることを発表しました。

 初鹿野雫のオリジナルPCは株式会社スマッシュコア エンターテインメントから2013年3月中旬頃に発売予定で、本日から受注受付が開始されました。受注期間は2012年11月1日(木)〜12月31日(月)まで。

 オリジナルPCは原画家れーさー先生の描き下ろしイラストを使用した天板、初鹿野雫役の桐谷華さんによる録り下ろしシステムボイス、40枚以上のオリジナル壁紙が収録される予定で、パッケージはオリジナルのカートンケース仕様となるようです。

シンクライアント
画像はシンクライアント / Amazon.co.jp

 オリジナルPCはスペック別に3モデルが用意され、最もスペックが高いハイスペックモデルは15.6インチフルHDディスプレイ、Core i7-3830QM、8GBメモリ、240GB SSD、GeForce GT650Mグラフィックス、Windows7 HomePremiumを搭載し、価格は238,000円(税込)となっています。

 続いてノーマルモデルはハイスペックモデルからCPUがCore i3-3110M、ストレージが500GB HDDに変更されて価格は148,000円(税込)。最後はネットブックモデルとなり、10.1インチディスプレイ、Atom N2800、500GB HDD、2GBメモリを搭載して価格は6,9800円(税込)となっています。

 3種類の中で最もスペックが高いハイスペックモデルのスペックは以下の通り。

OSWindows 7 HomePremium SP1 64ビット 正規版
CPUCore i7 3820QM(クアッドコア/2.70GHz/TB時最大3.70GHz/8MBスマート・キャッシュ/HT対応)
メモリ8GB(4GB×2)(DDR3 SDRAM)
解像度15.6インチ(1920×1080)
SSD240GB(Intel 330Series)
グラフィックGeForce GT650M 1GB / Intel HD Graphics 4000
光学ドライブ読込み対応Blu-ray / DVD書込み読込み対応
外形寸法(幅×奥行×高さ)約幅374mm×奥行250mm×高さ16.3-41.4mm (※最大突起物を含まず)

 続いてノーマルモデルは以下の通り。

OSWindows 7 HomePremium SP1 64ビット 正規版
CPUCore i3 3110M(デュアルコア/2.40GHz/3MBスマート・キャッシュ/HT対応)
メモリ8GB(4GB×2)(DDR3 SDRAM)
解像度15.6インチ(1920×1080)
HDD500GB
グラフィックGeForce GT650M 1GB / Intel HD Graphics 4000
光学ドライブ読込み対応Blu-ray / DVD書込み読込み対応
外形寸法(幅×奥行×高さ)約幅374mm×奥行250mm×高さ16.3-41.4mm (※最大突起物を含まず)

 最後はネットブックモデルのスペック

OSWindows 7 HomePremium SP1 32ビット 正規版
CPUAtom N2800(デュアルコア/1.86 GHz/HT対応)
メモリ2GB(DDR3 SDRAM)
解像度10.1インチ(1024×600)
HDD500GB
グラフィックGMA3650
外形寸法(幅×奥行×高さ)266×185×18.5~25.4mm

 今回販売される3種類のPCは全てWindows 8優待購入プログラムに対応しており、Windows 8 Proを優待価格1200円(税込)DL版で購入することができます。

キャラクターコンテンツ オンリーワンPCストア SmashCore

BOOST5 official web site