囚われのシーンなど再現可能 ―TVアニメ『ブラック★ロックシューター』デッドマスターのfigmaが5月発売

■デッドサイズや鎖なども付属

 2012年2月からノイタミナにて放送されたテレビアニメ『ブラック★ロックシューター』からテレビ版新デザインの「デッドマスター」がfigmaとなって登場します。小鳥遊ヨミの思念体「デッドマスター」を様々なポーズで再現可能。

 グッドスマイルカンパニーから『figma TV ANIMATION BLACK ROCK SHOOTER デッドマスター TV ANIMATION ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)』が2013年5月に発売されます。本日から全国のホビーショップ、ネットショッップ ほか取扱店にて予約受付が開始されました。

figma TV ANIMATION BLACK ROCK SHOOTER デッドマスター TV ANIMATION ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
画像はfigma TV ANIMATION BLACK ROCK SHOOTER デッドマスター TV ANIMATION ver. / Amazon.co.jp

 原作・OVAデザインを元にした「figma デッドマスター」に続き、今度はデザインが一新されたテレビアニメ版のデッドマスターがfigma化。figmaオリジナル関節パーツにより劇中のあらゆるシーンを再現することが可能となっています。

 表情パーツは通常顔、見下し顔、目閉じ顔の3種類となり、さらにオプションパーツとして武器に「Dead scythe(デッドサイズ)」、デッドマスターを束縛していた「鎖」も付属します。ほかにも、可動支柱付きの専用台座が付属するので、様々なシーン再現することが可能となっています。

  
画像はfigma TV ANIMATION BLACK ROCK SHOOTER デッドマスター TV ANIMATION ver. / Amazon.co.jp

 『figma デッドマスター TV ANIMATION ver.』の原型制作はマックスファクトリー・浅井真紀が担当。仕様はABS&PVC塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・全高約155mm。2013年5月発売予定で、全国のホビーショップ、ネットショップにて予約受付が行われています。価格は3,800円(税込)。

 『ブラック★ロックシューター』はhuke先生によるキャラクターイラスト作品で、2010年にOVA化、今年2012年にはテレビアニメ化されています。また、PSPでのゲームも発売されるなど様々な展開を見せています。

マックスファクトリー

BLACKROCK SHOOTER ANIMATION