ノベル版『マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~』特設ページが公開 完全新作ストーリーの温泉回

■完全新作ストーリーでノベライズ

マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~(桜ノ杜ぶんこ) [文庫] 株式会社一二三書房は12日、同社が2013年1月5日に発売するライトノベル『マテリアルブレイブ 〜アナザー・エレメンツ〜』(桜ノ杜ぶんこ)の特設ページを公開しました。

 『マテリアルブレイブ 〜アナザー・エレメンツ〜』(桜ノ杜ぶんこ)は、美少女ゲームブランド戯画から2012年3月に発売されたアクション・アドベンチャー・ロールプレイングゲーム『マテリアルブレイブ』のノベル版。

 ノベル版の『マテリアルブレイブ』の著者は2012年に桜ノ杜ぶんこでデビューしたくしまちみなと先生となり、カバーイラストは原作原画の菊池政治先生、挿絵は美少女ゲーム原画やノベルイラストなどで活躍するジェット世渡り先生となります。

 ノベル版のストーリーは完全新作となり、御掛島で温泉が湧いたことによって巻き起こるバトルありの温泉回となるようです。ページ数は288ページ予定で、価格は819円(税込)。本日公開された特設ページでは、ノベル版のストーリー、キャラクター、製品情報などが掲載されています。

 『マテリアルブレイブ』は、『BALDR』シリーズでお馴染みのチームバルドヘッドの最新作。原画はもちろん菊池政治先生。シナリオもお馴染み企画屋が担当しています。今作はADVパート、横スクロースACTに加えて、RPGパートが追加。探索や育成要素も加わったより高いゲーム性となっています。

【ストーリー】
御掛島で温泉湧いた。
学園でその話を聞いた遙歩は、チームの女の子たち全員、さらに友人たちも加え、慰安も兼ねてと御掛島での新型モンスター討伐依頼を引き受ける。
温泉イコール温泉卓球バトルくらいにしか安易に考えていなかったメンバーたち。
汗をかいたので温泉に入ろうとなり、当然そこはノゾキだろうと悪乗りした遙歩と浩一郎。
数々の障害を跳ね除け、もう少しでのぞけそうという時、モンスターの襲撃を受けるメンバー。血の涙を流す気分のまま、八つ当たり気味で即戦闘開始。
しかしその敵の中には遙歩にそっくりの人物が居て……?

マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~(桜ノ杜ぶんこ) – Amazon.co.jp

桜ノ杜ぶっくす