一二三書房から桜ノ杜ぶんこ『恋愛0キロメートル』『マテリアルブレイブ』が本日1月5日に発売

■人気PCゲームのノベル版が発売

 ASa Projectから2011年に発売された人気作『恋愛0キロメートル』と、戯画から2012年3月に発売されたTEAM BALDRHEAD新作『マテリアルブレイブ』のノベル版が本日1月5日に発売となりました。

 一二三書房から『恋愛0キロメートル ~もしものおはなし~』、『マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~』が2013年1月5日に発売されました。全国の書店、ネットショップ ほか取扱店にて販売されています。

恋愛0キロメートル ~もしものおはなし~(桜ノ杜ぶんこ) マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~(桜ノ杜ぶんこ)
画像はノベル版恋愛0キロメートルとマテリアルブレイブ / Amazon.co.jp

 『恋愛0キロメートル ~もしものおはなし~』の著者はノベルで活躍する天草白さんが担当。表紙イラストは原画担当のぱん太先生、夕凪セシナ先生、本文イラストはゲーム原画・ライトノベル挿絵などで活躍するのりたま先生。

 ノベル版の内容はゲーム本編の続きとなるIFストーリーとなり、家族交換を終え、新しい春を迎えた兄弟姉妹たちの新たな家族交換の物語が描かれます。ページ数は367ページ。価格は819円(税込)。

 『マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~』の著者は2012年に桜ノ杜ぶんこでデビューしたくしまちみなと先生、カバーイラストは原作原画の菊池政治先生、挿絵は美少女ゲーム原画などで活躍するジェット世渡り先生。

 ノベル版の内容は御掛島で温泉が湧いたことによって巻き起こるバトルありの温泉回となります。ページ数は283ページ。価格は819円(税込)。

【恋愛0キロメートル ~もしものおはなし~ストーリー】
 姉妹それぞれとの絆を深めつつも、誰とも深い仲になる事なく、ある意味無事に家族交換を終えた京一。木ノ本家と矢崎家には平穏が戻り、また普通のお隣さんとしての日常が戻ってきた——。
…しかし、あのドタバタな日々はまだ終わってはいなかった!
時は流れ、新しい春を迎えた兄弟姉妹たち。
 新たな年度、新たな環境、そした新たな家族交換が矢崎家と木ノ本家を混乱と爆笑の渦へと叩き込む!
【マテリアルブレイブ ~アナザー・エレメンツ~ストーリー】
御掛島で温泉湧いた。
学園でその話を聞いた遙歩は、チームの女の子たち全員、さらに友人たちも加え、慰安も兼ねてと御掛島での新型モンスター討伐依頼を引き受ける。
温泉イコール温泉卓球バトルくらいにしか安易に考えていなかったメンバーたち。
汗をかいたので温泉に入ろうとなり、当然そこはノゾキだろうと悪乗りした遙歩と浩一郎。
数々の障害を跳ね除け、もう少しでのぞけそうという時、モンスターの襲撃を受けるメンバー。血の涙を流す気分のまま、八つ当たり気味で即戦闘開始。
しかしその敵の中には遙歩にそっくりの人物が居て……?

恋愛0キロメートル 〜もしものおはなし〜(桜ノ杜ぶんこ) – Amazon.co.jp

マテリアルブレイブ 〜アナザー・エレメンツ〜(桜ノ杜ぶんこ) – Amazon.co.jp

桜ノ杜ぶっくす | 桜ノ杜ぶんこ