『るいは智を呼ぶ』『黄昏のシンセミア』がノベル化 ―原作ライター&原画家担当で2013年発売予定

■人気PCゲーム2作品がノベル化

 暁WORKSから2008年に発売され、ファンディスクも発売された人気作『るいは智を呼ぶ』。そしてあっぷりけから2010年に発売され、「萌えゲーアワード2010」大賞部門金賞を受賞、先日にはプレイステーション・ポータブル移植版も発売された『黄昏のシンセミア』。この2タイトルがノベル化されることが決定。

画像はるいは智を呼ぶ (C)暁WORKS

 一二三書房は、桜ノ杜ぶっくすウェブサイト内の“発売予定タイトルのラインナップ”更新し、「桜ノ杜ぶんこ るいは智を呼ぶ」、「桜ノ杜ぶんこ 黄昏のシンセミア」の発売情報を公開しました。どちらも2013年発売予定。

画像は黄昏のシンセミア (C)Applique

 「桜ノ杜ぶんこ るいは智を呼ぶ」の著者は原作シナリオの日野亘さん(原作では日野亘さん、衆堂ジョオさんの2名)、カバー・挿絵は原作原画のさえき北都先生となり、価格は780円+税(予価)で、2013年発売予定。ページ数は未定。

 「桜ノ杜ぶんこ 黄昏のシンセミア」を担当するのは原作タッグとなり、著者はシナリオ担当の桐月さん、カバー・挿絵は原作原画のオダワラハコネ先生となります。こちらも価格は780円+税(予価)で、2013年発売予定。ページ数は未定。

 どちらも現時点では収録内容は未定となり、どのようなストーリーが展開されるのかは不明です。今回は発売情報のみとなるため、詳しい情報はもう少し待たなければならないようです。表紙イラストも現時点では公開されていません。ストーリーや発売時期については続報が入り次第お知らせします。

 ちなみに、『黄昏のシンセミア』は株式会社サイバーフロントからが2013年1月17日(木)にプレイステーション・ポータブル版が発売されました。設定資料集などを収録したブックレットと主題歌やBGMを収録したサウンドCD付きの限定版と、特典なしの通常版の2種類が発売中です。

桜ノ杜ぶっくす

暁WORKS オフィシャルWebサイト

あっぷりけ Official Web Site

 ※このページの一部には暁WORKS・あっぷりけが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)Applique (C)暁WORKS