CandySoft人気作『ガンナイトガール』がコミカライズ決定 ―テックジャイアン9月号から連載開始

■人気作コミカライズ決定

 CandySoftは4月22日、同ブランドが2012年12月に発売したPCゲーム『ガンナイトガール』のコミカライズが決定したと発表しました。すめらぎ琥珀×かずきふみタッグによって描かれた人気作がコミカライズ決定。

画像はガンナイトガール / (C)CandySoft

 コミカライズは、エンターブレインが発行する美少女ゲーム情報誌「テックジャイアン9月号」から連載が開始されるとのことで、漫画は『D.C.III Charles Serenata 〜ダ・カーポIII〜 シャルル セレナータ』(ソフトバンククリエイティブ)、『ANGEL MAGISTER』(角川書店)や、同人誌などで活躍する武蔵屋長元坊先生が担当。

 「テックジャイアン9月号」は、2013年2013年7月発売予定。現在は記念すべき通巻200号目「テックジャイアン2013年6月号」(4月20日)が発売中。全国のPCゲーム取扱店 ほか書店などにて販売されています。価格は1,580円(税込)。

 『ガンナイトガール』は、CandySoftから2013年12月に発売されたPCゲーム。近未来——2034年の日本を舞台に田舎町に住む主人公と、陸上自衛軍女子工科学校の生徒としてやってきたヒロイン達との物語が描かれています。すめらぎ琥珀 × かずきふみの『もっと 姉、ちゃんとしようよっ』タッグが担当。

 『ガンナイトガール』は、全国のPCゲーム取扱店、ネットショップにて販売されています。オリジナルサントラCDが付属する初回版は既にロットアップとなっています。また、ダウンロード販売サイトではダウンロード版も販売中。

画像はガンナイトガール / (C)CandySoft

TECH GIAN OFFICIAL WEBSITE

CandySoft-きゃんでぃそふと-公式サイト

 ※このページでは一部、CandySoftが著作権を有する使用しています。これらの素材を他へ転載することを禁じます。