『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』佐倉杏子が私服でfigma化 ―豊富な食べ物パーツや“祈り手首”など付属

■劇場版の佐倉杏子が制服姿で登場

 2012年10月にテレビシリーズを再編集した「[前編]始まりの物語」と「[後編]永遠の物語」が公開され、2013年秋に「[新編]叛逆の物語」が公開される映画『魔法少女まどか☆マギカ』から、佐倉杏子が私服姿でfigma化。

 マックスファクトリーから『figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)』が2013年8月に発売されます。本日から全国のホビーショップにて予約受付が開始されました。

figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
画像はfigma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. / Amazon.co.jp

 魔法少女姿ではなく元気な制服姿の佐倉杏子が、オリジナル関節パーツにより劇中のあらゆるシーンを再現することが可能なfigmaで登場。表情に微笑み顔、怪訝顔、怒り顔の3種類が付属しており、様々な表情の杏子を楽しむことができます。

 また、オプションパーツとして、りんごやクレープ、うんまい棒などの食べ物類、紙袋が付属しており、常に何か食べている杏子を再現することが可能。さらに、ラストシーンを再現するための「祈り手首」も付属しています。

 
画像はfigma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. / Amazon.co.jp

 『figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver.』の原型制作はマックスファクトリー・浅井真紀が担当。仕様はABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・全高:約125mm。価格は3,800円(税込)。

 『魔法少女まどか☆マギカ』は新房昭之×虚淵玄×蒼樹うめ×シャフトによるオリジナルアニメプロジェクト。シリーズ構成・脚本は数々の人気作を手がける虚淵玄さんで、キャラクターデザインは蒼樹うめ先生が担当。2012年10月に総集編映画が公開され、2013年秋には完全新作映画公開予定。

figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. – Amazon.co.jp

マックスファクトリー