SAGA PLANETS人気作『はつゆきさくら』ノベライズが登場 ―著者は水無瀬さんごで8月発売予定

■ノベライズがついに登場

 『Coming×Humming!!』『ナツユメナギサ』『キサラギGOLD★STAR』に続く、四季シリーズのラストとして、SAGA PLANETSから2012年に発売されたPCゲーム『はつゆきさくら』。そのノベライズが発売されることが決定。

画像は前作はつゆきさくら

 一迅社から、ノベライズ『はつゆきさくら(仮)』が2013年8月2日(金)に発売されます。本日から全国の書店やネットショップ ほか取扱店にて予約受付が開始されました。価格は税込890円(税抜き848円)。

 今回発売されることが決定したノベライズ『はつゆきさくら(仮)』の内容は、「原作のメインヒロイン・玉樹桜ルートを軸に展開するストーリーは感涙必至。めぐる春夏秋冬。終わる1095日。やがて冬を越えて、春が訪れる頃。ついに積もることのなかった雪の思い出を抱いて、少年は立ち尽くす。」とされています。

 著者は小説家の水無瀬さんご先生(一迅社文庫『あくまでも、妹が欲しいんです。』など)。表紙は原作キャラクターデザイン・原画のほんたにかなえ先生。

 『はつゆきさくら』は、SAGA PLANETSから2012年2月24日に発売されたアドベンチャーゲーム。進学校には珍しい不良生徒の主人公。真っ白なドレスを着た美しい少女の出会いによって始まる学園最後・卒業の冬の物語が描かれています。

はつゆきさくら(仮) – Amazon.co.jp

一迅社WEB

SAGA PLANETS OFFICIAL HOMEPAGE

※このページの一部にはSAGA PLANETSが著作権を有する画像が使用されています。画像の転載は行わないで下さい。(C)SAGA PLANETS