Key15周年記念のキネティックノベル『Harmonia-ハルモニア-』通常版が4月26日に発売決定

『Harmonia-ハルモニア-』公式サイト

 Keyは3月20日、Windows用キネティックノベル『Harmonia-ハルモニア-』の通常版を2019年4月26日に発売すると発表しました。2019年3月22日から予約受付を開始するとのことです。価格は2,000円(税別)。対応機種はWindows 7/8/10。

 『Harmonia-ハルモニア-』は、キャラクターデザイン/原画を樋上いたるさん、音楽を折戸伸治さんと水月陵さん、企画を魁さんが手がけた「感情」と「音楽」をテーマにしたキネティックノベル。大きな戦争で地球が大きな傷を負った遠い未来を舞台に、感情人形(フィロイド)と呼ばれる感情機能を持つロボットの少年と、ひとりの少女との物語が描かれています。

ストーリー
遠い未来の話。
大きな戦争で、地球が大きな傷を負っていた。
大気は灰色に汚れ、大地には生命の芽吹きは途絶え、水は干上がっている。
そして人口は最盛期の頃より大きく数を減らしていた。
ニンゲンたちは、その日を生きる為に身を寄せ合っていた。

そんな時代の中、感情人形(フィロイド)と呼ばれる、感情機能をもつロボットが、朽ちた施設で目を覚ました。
戦争前の、人類科学の結晶で、文字通り感情機能をもった人型のロボットだ。
人間の新たなパートナーとして、生活をよりよい物にしていくと約束されていた存在。
しかし、目覚めたフィロイドは、すぐに自分に感情機能の欠落に気づく。
製作途中で放置されていたのであろう、右手も人工皮膚に覆われておらず機械の骨格が剥き出しだった。
少年型のフィロイドは、本能的にニンゲンを求めた。
そして自分に欠落している感情を、得るため荒廃した世界を歩き続ける。

そんなある日、フィロイドは、ひとりの少女に拾われた。
少女は、彼のことを人間だと思い丁寧に介抱してくれる。
小さいけれど温かな町。
フィロイドの少年は、少女との生活の中で徐々に感情を学んでいく。
製品仕様

【タイトル】Harmonia-ハルモニア- 通常版
【ブランド】Key
【発売日】2019年4月26日
【価格】2,000円(税別)
【ジャンル】キネティックノベル
【対応OS】Windows 7/8/10
【種別】全年齢

【原画】樋上いたる
【シナリオ】中村綴、魁
キャスト
・シオナ:水橋かおり
・ティピィ:久野美咲
・マッド:三宅健太

Key Official HomePage